日本人ががん保険に入るべき3つの理由

日本人ががん保険に加入する理由は、まず一つ目に、日本人が生涯を通じて癌になる確率は54%ということです。
要するに二人に一人がガンになるわけです。この罹患率の高さはがん保険に入るべき大きな理由の一つと言えます。

そして二つ目の理由は、癌になると多額の治療費が掛かるということです。
癌の種類にも拠りますが、平均して100万円ほど掛かってしまいます。しかも先進医療などを受ければ、医療費は平均よりも更に増えます。

陽子線治療などはそれだけで200万以上掛かります。これを自己資産だけで賄うのは負担が大きいですよね。
また、最近のがん保険は一時金だけではなく、通院費や抗がん剤治療に掛かるお金も補償するものが増えてきています。これは特に重要です。

癌という病気は長期にわたって付き合っていかなければいけないものです。
一時的な費用だけであれば、日本の健康保険による3割負担と高額療養費制度で多額の出費は抑えることが出来ます。
しかし、癌の場合は再発を防ぐために抗がん剤治療を続けたり、検診を受けたりしなくてはなりません。
抗がん剤は保険適用のものでも高額なことが多く、新薬の場合は保険が適用されない場合さえあります。

最後の理由は、保険料の安さです。カバーする範囲の広い医療保険と違い、がん保険は補償する対象を癌に絞っている分だけ医療保険より保険料が安くなっています。
もちろん所得や資産によって負担感は異なってきますが、保険料額として安いことは確かです。
これらのことを考えると、がん保険に加入するメリットは大きいと考えられます。